市販のカラーと美容室のカラーの違いは?

市販のカラー剤は、「350mlの缶に入っているカクテル」と同じで、アルコール度数(染める成分)が一定のため、染まりにくい人・染まりやすい人の差が出やすく、お好みのジャストカラーの表現が難しいですね。市販のカラー剤はダメージを大きくしてしまうこともございます。美容室のカラー剤は、「BARのオーダーメイド・カクテル」と思ってください。プロがあらかじめヒアリングし、薬剤の分量を細かく調整したり、時間調整を行ってくれるので、最小限のダメージと、目的の色味に仕上げてくれることです。

PAGE
TOP